女優帽は最近はやりのつばが広くうねった帽子のこと。
雰囲気的には1960年代にハリウッドの女優たちがかぶっていた帽子のような印象。

深くかぶるので、顔が見づらく、女優さんが街へ出るときにばれないように着用するイメージも。

ウールのフェルト素材やツイード素材など。

装飾としては、金のチェーンを付けて刺繍をしてあったり、スカーフを通してうしろでしばったりするものも。

2011年春夏のパリコレでのクラシック傾向から、派生してきたのかもしれません。

20代半ばの女性たちがよくかぶるようになりました。