世界で初めてデザイナーの名前を入れて商品を販売したグッチは、グッチオ・グッチがフィレンツェに創業したのがはじまり。
最初は旅行バッグや馬具などの皮製品のメーカーでした。
高級ブランドとなったグッチの現在のデザイナーは、フリーダ・ジャンニーニで、レディーズ・メンズ製品ともに、フリーダ・ジャンニーニがデザインを手がけています。
グッチが日本に入ってきたのは1960年代のこと。
バッグは、デザイン性以外にも、機能性、収納力にも富んでいます。
グッチのバッグは、シンプルなデザインのバッグや煌びやかなパーティ向きのバッグ、普段使いできるカジュアルなものまで、素材や形、デザインなどが多彩なため、女性からの高い支持を集め続けています。
やはり年をとっても長く使える一生もののアイテムとして、定番のGG柄の商品やシンプルな落ち着いたデザインのものが人気ですね。
定番の人気の裏には毎年毎シーズンごとにトレンドを取り入れたデザインを提案し続け、斬新なアイテムを魅せてくれることもあるでしょう。