女性のからだの不調は40〜50代から急増します。
たとえば、冷え、肩こり、うつ、頭痛。
困ったわよ
50代の保湿化粧品エファージュ

これらはひっくるめて更年期障害と呼ばれる症状ですが、閉経期をはさんで10年ほど続くことが多いです。
10年というのはとても長い期間で、日常生活に支障をきたし、思い悩みをかかえるひとも多くなります。


この更年期障害の原因はおもに血流の乱れと自律神経の乱れです。
おおもとを辿れば卵巣の衰えに端を発します。
現代人はこれまでにないほどストレスを受けていて、自律神経を乱すひとは非常に多く、不調の原因も複雑になっています。


卵巣機能は加齢とともに低下し、分泌される女性ホルモン「エストロゲン」の量が減少します。
それなのに脳はいままでどおりにエストロゲンを出すよう指令を出してしまいます。


そのバランスの崩れが自律神経のバランスをも崩し、全身の不調にまでひろがっていくのです。


古来からホルモンバランスに効果があるといわれるものには「高麗人参」があります。
高麗人参に含まれる「人参サポニン」が全身の血液循環をスムーズにすることで総合的に更年期障害や不定愁訴に効果を発揮するといわれています。