高血糖を改善するための基本は食事。
食餌療法はもっとも症状改善に効果的です。
高い血糖値を下げるための食事療法には、どういったものがあるのかというと、

まず、1日に必要なエネルギー量をきっちり計算して、過食や偏食を避ける事は基本中の基本。
甘いお菓子・スナック菓子を食べ過ぎない事は当然ですが、暑い夏には炭酸飲料やジュースを飲み過ぎないことも大切。
水分は、お茶ミネラルウォーターで摂取すればよいのです。わざわざ糖の高いドリンクを飲む必要はありません。

バランスの良い食事も重要。御飯や通常の食パンは甘くないから、つい油断してしまいがちですが、白米や白パンを食べた後は血糖値が急速に上昇すると言われているのです。
主食には、雑穀米を上手く取り入れましょう。

野菜や果物に含まれている食物繊維は、血糖値が急激に上がるのをふせいでくれますから、たっぷりの野菜を摂るように心掛けます。
より魚を多く摂取すれば、コレステロールの改善に繋がります。
肉は、脂身の少ない肉を選ぶように。
油の多い揚げ物などの食事をすると、血糖値が上がった状態が長く続きやすくなります。体重増加にも繋がりますので、油分の多い食事は極力避けるようにすると良いでしょう。
毎日の食事は、低カロリー、低脂肪のメニューを心掛けるようにし、血糖値を下げる努力をして下さい。
逆にそれさえ守っていればそれほどビクビクする必要はありません。
食餌療法でストレスを感じすぎないようにおおらかに毎日を過ごしましょう。