赤ちゃんが夜泣きをするのは、睡眠のリズムを整えている成長過程の現象だと書きました。

赤ちゃんはお母さんのおなかの中で、昼夜関係なく生活していましたから、だんだんと調整して、朝おきて夜寝るひとにならなければなりません。

夜泣きを軽減するためには、早くそのリズムを作ってあげること。

具体的には朝は決まった時間に赤ちゃんを起こして、カーテンを開け、陽の光を浴びさせます。

抱っこしたままベランダやお庭に出てあげてもよいでしょう。温かい季節なら。

起きる時間は理想は6時〜7時半。
これで赤ちゃんの胎内時計はリセットしてスタート。

お昼寝は15時を過ぎないように。

夜は8時〜9時半までには寝たいものです。

部屋は薄暗くして、暗いところで寝るクセをつけましょう。

赤ちゃんの脳や体の成長を促してくれる「成長ホルモン」は、夜の9時〜12時の間に活発に分泌されます。

この大事な時間に起きていてはとってももったいないのです。


夜遅くまで起きるクセをつけてしまい、成長にも支障をきたしてしまって、あとで成長ホルモン注射などの低身長治療をすることにでもなれば莫大な費用がかかります。


毎日のリズムをしっかり同じにすれば早く胎内時計のリズムが整うので、夜泣きの期間はぐっと短くなるはずです。