赤ちゃんの夜泣きにはいろいろな理由があります。

単純にわかるものはオムツが濡れた、寒い、暑い、不快、おなかがすいた、のどが乾いたなどですが、
これらはあまり夜泣きとはいわないかもしれません。

どちらかというと寝るまではごきげんだったのに、夜中に突然泣き出すことを夜泣きというようです。

たいていはなにをしてあげても泣き止まず、途方に暮れます。

赤ちゃんが夜泣きをする本当の原因については、まだはっきりとした事はわかっていません。

考えられている理由は昼間にはしゃいだり興奮しすぎたことや、まわりで(赤ちゃんにとって)大きな環境の変化があったことがひきがねとなっているということです。

一般的に生後6〜8ヶ月頃に夜泣きがはじまるので、赤ちゃんの生活リズム、睡眠リズムを作るうえでの成長過程と考えられています。

だから理由がわからなくて当たり前で、いつまでも続くものではありません。

2歳ぐらいまでには見られなくなりますので、それまでは夜泣きも我が子の成長のしるしとして楽しんで?ください。