手強い赤ちゃんの夜泣き

たまにはやさしいお薬で止めたい!
と思うお母さんもいらっしゃるでしょう。

漢方薬なら、「甘麦大棗湯(カンバクタイソウトウ)」があります。
夜泣きやひきつけを緩和するお薬です。

ただ、漢方薬ですから、飲んでピタッッと夜泣きが止まるわけではありません。

ピタっと赤ちゃんの夜泣きが止まるようなものがあったらちょっと危ないですよね。

赤ちゃんの夜泣きを止める最良の薬といえば、
結局は「お母さんがいらいらするのを止めること
これに尽きます。

赤ちゃんはことばでなく、心がストレートに伝わります。
超能力です。

お母さんのいらいらは直接赤ちゃんの不安となって反映されます。

お母さんはいらいらを止めるために、好きな音楽を小さい音で流す、深呼吸をする、などして自分のを持ち直す工夫をしましょう。

遠回りなようですが、これしかありません。


夜泣きは一過性のもので赤ちゃんの成長過程です。
ずっと続くものではありません。

いまだけのこの現象を楽しんであげてください。

あとになれば、「夜泣きもたいへんだったけど、子育てって楽しかったなあ」
と思い返す日が来るでしょう。