赤ちゃんの夜泣きが始まってどうしても泣き止んでくれないことはしょっちゅうでしょう。

子育てをしているお母さんなら誰でも経験する問題です。
おっぱいやミルクでも泣き止まず、抱っこしてゆらしても泣き止まず、背中をとんとんしても泣き止まず。

お母さんとしてはこのまま永遠に泣き止まないのではないか・・・なんて錯覚にも陥ります。

お母さんだって寝ぼけてますから。

そんなときに試してほしいのはこの方法です。

部屋の灯りをつけて、一度ちゃんと赤ちゃんを起こす。

赤ちゃんの夜中に起きてしまって寝ぼけてわけわからずに泣いていることがあります。
なんにでも意味があるわけじゃありません。

起こしてあげてちゃんと普通の声ではなしかけてあげるのです。

赤ちゃんはいま自分がおかれている状況を理解すると安心して寝てくれます。

もうひとつの方法は、温かい季節ならおんぶやだっこして外を散歩してあげる。

夜風にふかれて、外の空気に触れると気分は落ち着きます。
なによりお母さんのストレス解消にとてもいいんです。


車があれば夜のドライブも効果があります。
(車好き、チャイルドシート好きの赤ちゃんに限りますが)
車の心地よい揺れが好きな赤ちゃんや子どもは多いはずです。


お母さんの気持ちの持ち方のコツは
「泣き止んでほしい」
と思うより、
「好きなだけ泣きなさい」
と思えたほうがずいぶんと楽なはずです。
(そのときの状況にもよりますから、いつでもそんな大きな心ではいられないかもしれませんが。)