header.jpg

内面から女子力アップ外見から女子力アップ

海とダイバー
内面から、外見から女子力をアップ。外見をブラッシュアップしていくのはメイクやファッション、持ち物のコツをしっかり押さえて行くことから。お金のかけどころもエステ、脱毛エステ、スキンケア、美白、ニキビケア、ネイルケア、オシャレ、ダイエットなどたくさんあって、いくらあっても足りない。
内面女子力はさらに継続した努力が必要になります。よい雰囲気をかもし出すオンナになるには無意識の部分を磨かねばなりません。ちょっと気をつけてどうにかなるモンダイではないっ!
言葉遣いの端々、だれにも見られない普段着部屋着、コンビニに行くときの服装、普段の履物、ごちゃごちゃの部屋、ごちゃごちゃの化粧台、ひとりの休日の過ごし方、だれにも見られない普段の食事のしかた、食事マナー、部屋の整理整頓、スマホの扱い、スマホ中毒、口臭体臭。
女子力を試されるのはそんなポイント。女子力の低さがにじみ出すのはそんなところから。いやいやたいへんですね。

毎年やってくる母の日。
お母さんに感謝の気持ちを伝えるのはこんな日くらい。
ちゃんと言葉に出して気持ちを伝えるのは日本人は苦手ですから。
あなたもお母さんの好きなものなんだっけ?お母さんに似合うものなんだっけ?
と、様々にイメージを浮かべていることでしょう。

これからの季節に役立つもので、ある程度の消耗品、ときどき買い替える必要のあるものがいいですね。
重すぎるものは、母の日にはちょっとミスマッチ。
いつも使えるバッグやお財布
お部屋のふんいきが変わってピリっとするフェミニンなリビング雑貨、
日焼けせず美白を保ってもらうためにはパラソルや扇子。これから暑くなりますから。

お花はいつだって定番です。

おはな

真っ赤なカーネーションは、ちょっと早めに注文しないとお花屋さんも準備に限りがあります。
カーネーションといっても、ブーケ、アレンジ、鉢植えと形態はいろいろ。プリザーブドフラワーやアートフラワーなら長く楽しめますね。
もちろん花の種類を変えれば、選択肢は無限。
あじさい、ひまわり、バラ、胡蝶蘭

さらには「消えもの」も喜ばれます。
ちょっと値が張る美味しいものをお母さんに。
いつも同じ食材で切り盛りしているお母さんは、たまには変わった食材を使ってお料理したいという願望もあるでしょう。
お肉を贈るのは父の日ばかりではありません。
完成されたものなら、母の日祝膳などもあります。
もちろん果物やお菓子スイーツも。
もの足りないと思ったなら、お花をプラスしたセットを選ぶのもよいでしょう。

人間の基本動作のひとつが歩くこと。
二足歩行はお猿さんでない証拠。
でも、その歩き方が微妙な女性は意外と多いです。
人間より類人猿寄りなひと。
あなたはだいじょうぶ?

歩く
歩くとき、かかとから着地していますか?   歩くとき、指で地面を蹴り上げるイメージですか?

歩くとき、歩幅はじゅうぶん広いですか?

歩くとき、膝を曲げでいませんか?

歩くとき、背筋を伸ばしていますか?

歩くとき、おばあさん歩きになっていませんか?

こういう基本が守られていないと、かっこうわるいだけでなく、筋肉のつき方もヘンになりますし、骨盤底筋の衰えもひきおこします。
尿漏れの発症リスクだって高くなります。


歩き方は慣れです。
いつも気をつけているうちに正しい歩き方が定着していきます。
モデルさんたちだって、いつも気をつけています。
緊張感を持って格好よく歩きましょう!


わたし頻尿なんですよっていうと気を使ってか、「寒いからしょうがないね」なんて慰めてくれることがある。
寒いときの外出では頻尿が困りもの。
でも運動は頻尿にいいといわれる。

頻尿の原因のひとつとして考えられるのが骨盤底筋のゆるみだから、それにつられて尿道もゆるくなるのです。
ですから骨盤底筋のゆるみが原因と考えられる場合は運動がかなり効いてきます。


寒い季節に寒いところを散歩や早歩きするのはよくありませんから、
都会に住むかたなら、温かいところを選んで運動しましょう。

道

お金のある方なら適温に保たれているジム。
地下道やショッピングセンターでたくさん歩くのも良いでしょう。
尿道の締りがもとに戻り、頻尿を改善できるはずです。
ただぼおっと歩くのではありません。
肛門と膣を意識してちからを入れる。そして温める。
おわかりのように頻尿が改善するわけではありません。
3ヶ月くらいは見ておきましょう。
すぐに結果が出ると思わないこと。
根気強く、根性でゆっくり進む。
もちろん家の中でもできることはたくさんあります。ベッドに寝ていたってできます。


このページの上部へ